お達者クラブ  令和元年第2回  群馬県 迦葉山                  

 台風15号の風がまだ残る中、迦葉山に行ってきました。関越自動車道を走っていても時々妙な揺れを感じることがありました。

 会長としては、去年、行けなかっただけに、今年はという思いはあったでしょう。迦葉山というと、赤軍派で有名になった山で、バスの中でもその話題が出ていました。

 迦葉山は、沼田の奥ですから、車窓からはリンゴの赤く色づいた風景を眺めることもできます。
 曲がりくねった道を上ること分。迦葉山です。天狗で有名です。天狗は中国での発祥ですが、悪いことの前兆とされています。(天駆ける狗「イヌ」雷のことを言います。)日本では、なぜか山伏の姿をしていて、可愛がられているようです。迦葉山に天狗が住んでいたという伝えはなく天台宗から曹洞宗に改宗した禅師とともに入山した中峰尊者が入滅した時に天狗の面を残して昇天したと伝えられております。

 誰かが、高尾山にも天狗の言い伝えがありますと言っていましたが、高尾山、迦葉山、鞍馬山は日本の3大天狗と呼ばれ有名です。

 途中に山門があったのに気づかれたでしょうか?31戸、入母屋造り、銅板葺き、82重楼門、木部朱塗り、上層部花頭窓、下層部には、仁王様が安置されています。堂々とした門です。ネットで見ただけですが、この仁王様は秩父22番札所童子堂の仁王様に似ていて愛嬌のある顔をしています。吉祥寺では、池を眺めて何も考えない贅沢な時間を過ごさせていただきました。楽しい思い出は尽きることがありませんが、あとは写真をご覧になって、思い出を増幅させてください


 








 35期の人たちもたくさん
行ってくれました。

迦葉山の小天狗です 苔が美しかったので
思わずパシャリ
滝を眺めて何も考えず
至福のひと時です。
鯉も寄ってきてくれました。 誉国光の仕込み水です 
    記 福祉環境 矢島