5月 寄居 北条祭り                  

  519日、寄居町で毎年行われる、北条まつりに行ってきました。
 駐車場が心配だったので電車で行きました。
 秩父線はスイカが使えなくて
1本乗り遅れてしまいました。おかげで蒸気機関車を見ることができました。会場は2つに分かれていて、最初に行った会場では、祭りにはつきものの、食べ物屋さんがいっぱい出ていました。
 舞台ではいろいろな催しが行われており、祭りに来たのだという気分にさせられます。
本会場は荒川のほとりです。こちらにも舞台が設置されておりいろいろ行われておりました。祭りの説明を聞いているうちに、行田市の忍城の戦い(のぼうの城)を思い出してしまいました。どちらも多勢に無勢、というところが思い出させたのかもしれません。
 祭りは各種団体が、武者の支度をして市内をパレードして、開場に入ります。県外からの参加者も多く見受けられました。合戦の場面は、柵の近くに座り時間を過ごせばみられます。
今回は天気が良すぎたせいで、柵のそばというより日陰で時間を待つ始末でした。それにしても、合戦の前の鉄砲での打ち合いは迫力がありました。




会場へ向かう武者達



各種団体が戦国武将のいでたちで
出てきます。


県外や寄居町以外の街からも来ています。後ろに見えるのは生気橋です。


荒川にある舞台です。


合戦が行われますが人が多くて
写真に撮ることができません。


合戦の始まりです。
双方が大砲を撃ち合います。


先月の友山祭りでも
居合抜が行われました。


対岸と鉄砲を撃ち合います。
合戦の始まりです。


秩父線を走る蒸気機関車


舞台では色々な催し物が行われます。
記  矢島