いきがい大学2-2期校友会

 

江戸東京たてもの園、昭和天皇記念館、武蔵陵墓地 懇親旅行      平成元年10月10日
 今年の懇親旅行は東京郊外の江戸東京たてもの園、昭和天皇記念館、武蔵陵墓地でした。参加者23名、例年より少ないのでバスは小型、順調に深谷、籠原、熊谷と遅れもなく出発、井上さん 急遽、欠席した大嶋さんから差入れ等いただき、まずは東松山インターに向かいました。
 最初は江戸東京たてもの館。広大な敷地に茅葺屋根の農家から明治の洋館、大正期の商店街や銭湯、宇和島藩伊達家の門、昭和の初期を象徴的する高橋是清邸などなど、今回は時間が限られていたので外観ばかりでしたが、1日、ゆっくりと建物内部を見学してみたいものです。子供のころの記憶と重なって、懐かしい思いで見学いたしました。


 続いては昼食です。ここまで来れば寄るところは当然、深大寺そばです。そばがなかなか出てこないので、皆さんご飯やてんぷらを食べ始めました。漸くにそばが配膳されて、にぎやかな合奏が始まりました。 
  
 次は国営昭和記念公園と武蔵陵墓地です。記念館は内部撮影禁止でしたので表玄関の写真だけです。内部は大変に広々としたつくりでした。ニッサンプリンスロイヤルは近くで見るととても大きいです。
そして武蔵陵墓地に向かいました。立川市内が混雑していて到着が閉門まぢかの4時29分。バスを降りて後ろを見ると門を閉めていました。砂利道の表参道を足早に進み、多摩陵、武蔵野陵を参拝して北参道で戻ると警備の方々も帰り支度をしているようでした。閉門と同時くらいに一路熊谷に向かってビンゴをしながら、無事、楽しい1日が終わりました。幹事の皆さん、運転手さんありがとうございました。
  記  金井(俊)